日焼け止めとは


男性は少し黒いくらいが精悍に見えたり強くたくましい印象を与えられたりするということで好まれると思われがちです。たしかに男性であまりにも色が白いと不健康そうな印象や体調不良を心配されることも少なくありません。しかし、今は環境破壊の影響もあり紫外線はとても強く昔よりも一度の日焼けで肌にかかる負担は大きくなっています。一年中かなりの量の紫外線を浴びていることになるので適度な日焼け対策をして紫外線を浴びすぎないようにすることも必要なのです。

しかし、男性が日焼け止めを使用するということについてはまだまだ浸透していない部分も多く、そもそも日焼け止めがどういったものかということを理解していないという人も少なくありません。そこでまずは日焼け止めがどのようなものでありどういった効果があるのかということを知っておくべきです。

日焼け止めは紫外線を防ぐことが目的であり、紫外線吸収剤を使ったものと紫外線散乱剤を使ったものとがあります。紫外線吸収剤は紫外線を吸収して皮膚への侵入を防ぐもの、紫外線散乱剤は紫外線を反射する膜を作って反射させるものです。どちらがよいかというのは肌質や使用する場所によっても違ってきますから自分に合ったものを選ぶことが重要です。一般的には肌が弱いという人は紫外線散乱剤のもの、紫外線の強い場所に行く際には紫外線吸収剤のものが好ましいと言われています。

メインメニュー

サブメニュー